忍者ブログ
□■ [PR]
2018/08/20 08:48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


CATEGORY [ ]
pagetop
□■ 3
2007/01/21 22:47
彼が変わった。
いつ頃からなのか正確には判然としないものの、なにかが違う。
言ってることの頭が悪すぎる。
口に出す言葉の9割が、下ネタになってしまっているのだ。
知り合って15年くらい、たしかに少しおかしいところはあったものの以前はここまでではなかったはずだ。
そういえば彼に変化の兆しがあらわれたころ、気になったことがある。
目だ。
いつものように下ネタを言いまくりながらはしゃぎまわる彼の瞳には虚無が宿っていた。

 

飲みの場も、深夜におよぶにつれて、深い話になっていくことがある。
それまでエロトークに咲き乱れていた話題が、将来についての真剣な話題にうつっていった。
「語り」的な雰囲気。そうなると彼はとたんにトーンダウンして無口になっていき、あからさまに寝始めた。
そんな姿をしばしば目にする。
あるときの飲みの帰り道、彼は言った。
「もう、こういう場ではアホなこと以外言いたくないんだよ」



ジメンジ氏の結婚式の二次会で我々は寸劇の出し物を用意した。
シナリオを手直ししている段階で、彼がセリフの追加を申し出る。
「ここで『みんな、死んじゃえばいいのに』っていれたいんだけど」
めでたい席には、あまりに似つかわしくないセリフであったため我々は全力で阻止した。
いまにして思えばなにかのSOSを発していたのかもしれない。
胸に犬人間と大書きして舞台に立つ彼は「土下座together!」などと言いながら、なにを思っていたのか。



去年のゴールデンウィークに同期のみんなが葉山で集まってバーベキューをした。
それぞれ子どもを連れてきたりして、ひさしぶりの再会を祝し、浜辺でおだやかなときを過ごす。
そのなかで彼はひとり瘴気を放っていた。みんなもそれとなく気を使っていたように思う。
彼は離婚していて、子どもに会えるのは月に一回程度の「面会」のときだけだという。
「こう見えても、子どもの相手は得意なんだよ」
たしかに白い粘土でDrスランプ仕様の巻きグソをつくって肛門期のチビッコたちの心を鷲づかみしていた。



新年会のさいも彼はフルスロットルであった。
その日は「ペッティング」という言葉が琴線に触れていたらしく、終始うれしそうに連呼していた。
ただ、やはりその瞳は、枯れた井戸の底のように乾いていたように思う。
二次会で彼は「ペッティング」をいい過ぎたという理由で先輩にひどく怒られていた。
帰りのタクシーのなかで、神妙な顔しながら彼はつぶやいた。
「やっぱり『素股』どまりだったら、よかったかな……」



なぜ彼はこうなってしまったのか。
あるとき、彼のおどけた行動の奥にひそむ深い悲しみを知った。
祝いの席や楽しい場に、彼は一体どういう気持ちで参加していたのだろう。
こころにサンドペーパーをかけるような心境でのぞみつづけ、いつか磨耗したにちがいない。
彼の下ネタは、精神の均衡をたもつためにとった最後の手段ではなかったか。
目の前にある幸福と自分の置かれた状況、下ネタに徹することよって、ともすれば崩れ落ちそうになる自分を鼓舞し、乗り切って行く。
彼の変化の正体は、そういう修験者のような一徹の覚悟のあらわれであった。



彼とは、無論タマの裏のしわの数をかぞえて確認するまでもなく私のことです。
まぁ、そんな個人認証の方法はないのですが、実はこのブログを今回をもって終了とさせていただきます。
ジメンジ君、勝手を言ってすみません。
理由はいろいろあります。ぶっちゃけ金がらみの話です。嘘です。
ただ下ネタばかりの私の話、言ったり書いたりしているのは楽しいのですが、ひとに不愉快な思いをさせてまで続ける必要はないでしょう。
それと投稿日が決められているこのような状況では、ブログを書くことが実際負担になってきており、文章を書くのが遅い自分には続けていくのは難しいと判断しました。
ムリヤリ書いた今回みたいのは書いてる自分もおもしろくないのに読んでおもしろいはずがない。
あと直前の担当である諸田氏が書くブログのおとなげないほどの高いクオリティ、正直プッレッシャーです。なにが彼をここまでかりたてるのか。
まぁそれはさておき、まことに申し訳ないのですが辞めさせていただきます。
発表の場をあたえてくれたジメンジ氏をはじめ、コメントをくれた皆さま、そして読んでくれた全ての人に感謝します。
ありがとうございました!
PR

CATEGORY [ 兒嶌眞史 ] COMMENT [ 10 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
<<観念時空論 | HOME | 睡眠>>
コメント
そんな殺生な、、
終わってしまいますか。

個人的には君の回を一番楽しみにしていたのでさみしい限りです。
【2007/01/21 23:34
WEBLINK [ ] NAME [ たけ #9b39811a10 ] EDIT
あのなぁ・・・・
まぁ、また直ぐ会うからな。
【2007/01/22 00:37
WEBLINK [ ] NAME [ もろ #9378a2f5e4 ] EDIT
コジよ!Vol,1も2も悪くなかったよ。
実に単刀直入で。公にはどうかは知りませんが、こんな内輪だからこそ許されるし、私は不快でなんかなかった。
一見、幸せそうに見えてもNo~!と心は叫んでいる場合もあるし。(ドグラマグラを読むと、安心するか?それとも不安になっちゃうかな?)
まぁ、皆のブログがプレッシャーになるほどレベル高いのは、確か!(これもプレッシャー?)
【2007/01/22 08:46
WEBLINK [ ] NAME [ miwako #3c22fd3561 ] EDIT
いやぁ...残念です。本当に。
自分はまーまーの中に秘められた才能を知る人間である一人であり
そんなまーまーの才能を開花させることが出来たとこっそり喜んでいましたし、
私自身次の回はどう来るか?と楽しみにしていたファンでした。
(コメントが少なかったのは本当に本意ではなく(-_-;;...まあその言い訳はしませんが)
しかし苦痛を伴ってまでやっていただくわけにはいきません。
自分が誘っておきながら上手く舵取り出来なかったことを深く反省しています。
ともかく1~3回までありがとうございました。感謝します。

>チーボーさん

僕はこのプレッシャーを良いプレッシャーだと感じていたんですが...。
何にせよ、日にちを限定しないで書き込むというようにはしないつもりです。
これはコンテンツなんです。どうかその意識を持っていただければと思います。
【2007/01/22 11:32
WEBLINK [ ] NAME [ じめ #2abe8e0ba9 ] EDIT
こじまー、気が向いたら戻ってきてねー。
コジマのは毎回、最後まで読んでたし、不快にもならなかったよ。
コジマワールド、というか、同期三人のそれぞれの個性が好きなんです。
【2007/01/22 14:20
WEBLINK [ ] NAME [ みな #990bed2676 ] EDIT
こじこじくん、お疲れさまでした。ボク、このまうログは、じつは、ぜ〜んぶ読んでます。毎日楽しみにしてます。みんながそれぞれにどんな事に興味があったり、考えていたり、悩んでいたりそれぞれの個性を感じます。これをきっかけにひそかに自分でブログ作って、私小説的に、○◯ワールドを作っていくのもありかと思います。うん(こ)!
【2007/01/22 14:43
WEBLINK [ ] NAME [ カワイ。 #9b1d3fb4a6 ] EDIT
とてもとても残念です。
こじちゃんの文章は面白かったんだけどなー。
こじちゃんといえば、いつも思い出すのが、秀ちゃんにダンスの練習前に微分積分を教えていた姿。一緒に講義を聞いていたけど、高校の先生より分かりやすかったよ。「この人ホントに頭いい!」と密かに尊敬していた。

このブログで、こじちゃんの新たな才能を知ることが出来て本当に良かった。同期として誇りに思います。
みなちゃんの言うように、とても個性豊かな3人・・・て、あたしカウントに入ってませんけどぉぉぎゃぁー!(爆死)
【2007/01/22 18:38
WEBLINK [ ] NAME [ みのり #57551c1d79 ] EDIT
みのり!ここは敢えて男三人組にしただけよ!
もろ、こじ、ちーぼうって、セットなので。
正直、まうろぐメンバーに同期四人の名前を見た時、こりゃあ絶対面白い!と、自分の中で太鼓判押したよ。実際、ほんと面白くって、みんな光っているだけに、残念。まぁ、無理して続けることないけど、また戻ってきてほしいね。
【2007/01/22 21:06
WEBLINK [ ] NAME [ みな #990bed2676 ] EDIT
なんだこの「故人を偲ぶ」みたいなムードは。
少なくともアメリカとかに旅立たないと、もう収まりがつなそうな。
誤解があるとアレなので、僕の文章は全て「笑い」を基調として書いているおるのです。
下ネタをなぜ言うか?そんなもんは軽くセクハラしたいからに決まってるじゃないですか。
で、願わくば「もーコジさんは、しょうがないんだからー」としょうがながられたい!
そんな僕のピュアなソウルが放つイノセントな叫び、それが下ネタとなって出ているだけのです。
それとブログを辞めるの単純にもうネタと時間がないからです。
今のうちに辞めておかないと、そのうち追い詰められて書いちゃいけないことを書くのは間違いない。
現に今だって
「チッ。コメントいっぱいついたけど、今回もふくめ、結局20代の女子のコメントは一回もつかなかったな。モロにはついたのに」
などと書いちゃうおそれがあるのです。
というわけでそうならないうちに!って話です。

>>竹歳さん
ぼやけた瞳で 彼はあの日をのぼった
アスファルトを抱きしめて ぬくもりを失くしていた
ほら 上も下もないさ 求めるとは失くすこと
つながるもの否定すれば 過ちに傷つくだけ
彼は最後に祈った すべて許されることを

いやーうれしい言葉です。でももうネタがないんですよ!

>>もろ
そんなワケで、モロのがプレッシャー云々はすべてネタなので気にしないように。

>>ちーぼー
そうなんだよ。それくらいの気楽さが望ましいけど、そうなったら100%書かない自信があるから難しいところだね。

>>miwakoさん
フォローありがとうございます。
それにしてもアムステルダムってなんだか楽しそう!
あとドグラマグラは大好きですよ。人に勧めてもなかなか読了してくれないんですけどね。
チャカポコチャカポコの部分が長すぎるせいだと思います。

>>ジメ
いやいやホントに申し訳ない。
コメントが短かったとかネタなので気にしないでくれたまえ!
管理人は大変だろうけどがんばってほしい。

>>みなちゃん
ありがとう、最後まで読んでくれて!
というか他のも最後まで読もうよ!
葉山とかは普通に楽しかったのでまた行きましょう。

>>カワイさん
ありがとうございます。
辞める僕がいうのもなんですが、カワイさんもぜひライターに!
上海の現地リポートとかどうですか?

>>みのりちゃん
ありがとうー
でももうネタがないんです。
それにしても懐かしい!あったあったそんなことが。
で、坂梨は結局受験すらしなかったという。
まぁ才能とか言われると照れるナー、もっと言って!

>>みなちゃん
戻ってきても、きっとまた書くこと無くなって
辞めたり戻ったりーになりそうなので難しいかと。
毎回キチンと書いてるひとに悪いので。
なんにしてもいままで読んでくれてありがとう!
【2007/01/22 23:49
WEBLINK [ ] NAME [ コジマ #99198be334 ] EDIT
ふっつ  ふぅつ  ふ っ  、うん◯!?
【2007/01/23 03:25
WEBLINK [ ] NAME [ カワイ。 #9b1d3fb4a6 ] EDIT
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]