忍者ブログ
□■ [PR]
2018/08/20 08:48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


CATEGORY [ ]
pagetop
□■ トラウマ
2008/08/06 19:19
夏が来ると気が重くなる。

セミが嫌いだ。

怖い。



世間一般で「嫌いな昆虫」第一位といえば、文句無しにミスター・G(ゴキブリちゃん)だろう。

世界中で、日々新種の昆虫が発見されているそうだが、常に彼らは、人に嫌われる昆虫部門のディフェンディング・チャンピオンだ。間違いない。
我がダンス部の大五郎君も同意してくれるだろう。もちろんワタシも大嫌い。

Gの他にも、かつて治面地君が紹介してくれたフナムシ、カマドウマなど。きゃつらは小っさい体で、多くの人をかくもたじろがせる(正確にはフナムシは昆虫ではないですね)。彼らは何も悪いことはしてないのだが。




しかし、ワタシは声を荒らげて言いたい。

セミが嫌いだ。

彼らを嫌う、負のパワーたるや、Gへのそれと引けを取らない。

ちなみにワタシが嫌うセミは、アブラゼミのことである。



何故彼らを嫌悪するのか。


まず、あのフォルム。

カサカサした黒味の顔面のボリューム。両サイドにある丸い目玉が妙なヒューマニズムを感じさせる。
額に皺を寄せたオッサンのようだ。

そしてあまり透明感を感じられない羽。

ウネウネとくねる、蛇腹状の腹。命尽きる頃に、白くなっていく様も痛々しい。



そして、その居住まい。

彼らは、人がちょっとでも近づくと、まるでこの世の終わりが来たかのように大慌てで飛び立つ。
「ジジッ!!ジジジッ!!」と大騒ぎしながら。

しかも必ず、絶対、人にニアミスしていく。酷いと羽先が触れるほどに。

そして何やら液体までかけられる始末。

なぜ?人を警戒して逃げるんじゃないの?

だったら迂回しようよ!もっと進路を考えようよ!

お互いの平和のため、彼らには住み分けを提案したい。本気でそう思っている。


「セミなんて、道を歩いているときとかにちょっと注意すれば、そんなに気にならないんじゃない?」と思ったあなた、違うんですよ。世の中には、不遇な環境に置かれている、哀れな人間もいるのです。

我が家は、強烈なセミの繁殖場らしいのだ。

家の玄関は、庭の裏側になっている。この時期は滅多なことがない限り庭には侵入しないようにしているのだが、庭へとつながる通路の植え込みの枝葉に、無数のセミの幼虫の抜け殻を見て絶望的な気分になるのは毎度のことだ。この分だと庭はもっともっとエライことになっているに違いない。セミの天国、ワタシの地獄となっている庭の光景を思いやり、毎年蒼色吐息を漏らすのである。

この時期になると、玄関の扉を開けるのは恐怖の瞬間である。

開けるや否や、門の脇に立つ木から、彼が飛び立つ。けたたましく。

毎回だ。必ずヤツはその木にいる。

シーズン中は、こちらも警戒しているから心の準備があるけれど、毎年初っ端のニアミスには心底ビビらされる。このビビりが夏の訪れの合図となっていると思うと悲しい。



彼らを嫌うようになった切っ掛けがある。

ワタシが小学校高学年の頃の話だ。ある時、友人から子供向けの薄い冊子を手渡されたのだ。
何の冊子だったか、全体の内容も出所も全く覚えていない。
友人はそれに載っている一編の漫画を指し示し、「スンゴく気持ち悪いから見てみて。」と私に言った。
7~8ページくらいのボリュームだったと思うが、もう、今でも忘れられない。

その漫画は全体的にブルブルと震えたような線で描かれ、暗く陰湿な雰囲気だった。

主人公の小学生「セミ男(せみお)」はいじめられっ子で、日々執拗な攻撃を複数のいじめっ子たちから受けていたのだが、夏のある日、いじめっ子たちはいつものやり口では飽き足らず、押さえつけたセミ男の口に、生きたままのセミをねじ込み咀嚼させたのだ。
多大なダメージを受けたセミ男は、帰宅後そのまま床へ就く。翌日起きると、なんと体がセミ化しているではないか!
おぞましいセミ人間となったセミ男は、いじめっ子たちへと凄惨な復習劇を繰り広げてストーリーはお終い。

「ハエ男」ならぬ、「セミ男の恐怖」である。


正直、主人公の名前が「セミ男」だったかどうかはあやふやである。そんな、いかにもこれからセミがらみで一悶着ありそうだぜ的な名が付けられていただろうか。
でもワタシの中でそいつの名前は「セミ男」なのだ。ご了承いただきたい。


とにかく、セミを口に入れられてカミカミごっくんさせられている時の描写が凄まじく気持ち悪かった。
読みながら、ワタシが顔を歪ませて精神的に酷く打撃を受けたのを見届け、友人は満足そうだった。
「それあげるから」と言って、友人は立ち去った。

手渡されたのが帰り道だったこともあり、私はそれを捨てるに捨てられず、家に持ち帰った。

それからしばらくの間、そのおぞましい世界はワタシの部屋の片隅にあり続けた。
その冊子の周囲には毒ガスが漂っているような錯覚さえ覚えた。
捨てると呪われそうで怖かったが、その年の大掃除の時に意を決して捨てた。


要は、その冊子を見たことでトラウマになってしまったのだ。

それ以来、セミを見ただけで、やつらを口に入れてカミカミした感触をリアルにイメージをしてしまうようになった。



とは言うものの、ワタシはその経験を、消し去りたい過去とは思っていない。

人間、トラウマの一つや二つや三つ、あって当然なのだ。

そういった心の傷も、その人となりを形成する、重要な要素だと思っている。


今思えば、昔は平面媒体のおぞましいものが結構あったような気がする。
怪奇漫画とか、心霊雑誌とか。
今も発刊されているのだろうが、心霊雑誌は唯一「ムー」が残っているだけだと聞いた気がする。
怪奇漫画だって、ほとんどがレディースコミックで、子供向けの物は今はないのではないか。

2次元の世界には、独特の世界がある。
自分の速度で読む分、しっかりとイメージが焼き付けられる。
しかも、その恐怖をもたらす物体が手元に残っていて、ページをめくるだけでいつでも見られる。
映像媒体との大きな違いである。


図書館の隅に追いやられている心霊本をこっそり見ていた頃を思い出す。

エクトプラズムを口から出している写真を見てドキドキしたこと。
「人体の自然発火はあるんだ!」と確信したこと。
「赤ん坊少女」たまみちゃんを生み出した楳図かずおは本当にヤバイと思ったこと。



今の子供たちの身の回りからは、このような教育上役に立たないものが遠ざけられてしまっているような気がする。

役に立たないものがあるから豊かなのではないだろうか。


セミに悩まされ、鳥肌を立てながら、何故かノスタルジックな気分に浸る今日この頃なのである。




PR

CATEGORY [ みのり ] COMMENT [ 13 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
<<夏の思ひ出~最終回~ | HOME | 30最後の出来事>>
コメント
みのりさん、ごめんなさい。
僕はセミ、大好きです。

今日も夜遅く、帰り道の公園で、まさに今夜羽化しようとしているセミの幼虫を発見!
見た目はミスターGと変わらないようですが・・・。か、かわいい!!
そいつは木の方じゃなくて、人が歩いてる道路の方へ向かって ノソノソ歩いてきたので、そっと木の幹につかまらせてあげました。


僕にとっては子供の頃からセミは愛すべき存在です。
だって素敵じゃないですか!
たった1週間の夏の為に7年間も土の中でじっと待っているなんて・・・。

みのりさんの、セミが嫌いになったエピソード、かなり笑いました。

いつ読んでもみのりさんの文章力には頭が下がります。
【2008/08/07 01:21
WEBLINK [ ] NAME [ 大五郎 #2ac029c168 ] EDIT
いや~毎回みのりの記事は面白いね。
素晴らしい、豊かな文章力に脱帽です。
「セミの天国ワタシの地獄」「その冊子の周囲には毒ガスが漂っている」あたりが今回はツボでした。

読んでいる途中、家の玄関の方位がよくないのかな・・・と、建替えをお勧めしようかとも思ったのですが、読み終えた後、みのりはドMだったんだという事に改めて気付き、このままでいいことがわかりました。
【2008/08/07 06:10
WEBLINK [ ] NAME [ トシ #2a136fcbb3 ] EDIT
セミ…
昔、玉川上水でセミに頭突きされました。
ニアミスではなく完全に事故でした。

参考までに世界最醜昆虫を決めるアンケートで、トップの栄冠に輝いたのは、タンザニアに住む「ウデムシ」だそうです。

勇気を出してこのキーワードで画像検索してみてください。
【2008/08/07 22:38
WEBLINK [ ] NAME [ 夢導 #55fd77dc78 ] EDIT
子供の頃に、ヒッチコックの「鳥」を見ました。それから鳥は大嫌いです。その流れで、セミも勿論ですが、飛ぶやつは大嫌いです。卑怯だ、とさえ本気で思います。
小学校の理科の時間に、ミミズの交尾の映像を見ました。それからミミズの仲間はみんな嫌い。

鳥も虫もミミズも、ボーイスカウトのおかげで、子供の手前ぎゃあぎゃあ言ってられないので平静を装えるようにはなってきましたが、装ってるだけです。嫌いなものは、嫌い。
【2008/08/08 09:48
WEBLINK [ ] NAME [ にした #5498e4c204 ] EDIT
「役に立たないものがあるから豊かなのではないだろうか。」

まさにそう思います!
子供の頃、どれだけ役に立たない無駄なものに触れてきたか。
それが大人になってからの、人生の楽しみかたにかなり影響している気がします。

ところで・・・、昨日蝉の鳴くところをまじまじと見ました。
気持ち悪かったです。笑
お腹の中が空洞になっていて、そこで響かせるらしいです。
【2008/08/08 15:07
WEBLINK [ ] NAME [ izumix #2ac1f08c41 ] EDIT
勇気を出して行ってみました。

うえっ・・・。
これ本気で気持ち悪!!
エイリアンの顔に張り付くやつと似てる!
【2008/08/08 15:40
WEBLINK [ ] NAME [ 大五郎 #2ac13ea946 ] EDIT
≫大五郎
ワタシも、もっと小さい頃はセミ嫌いじゃなかったんだよね。素手でバッと捕まえたりしてたし。今も苦手なのはアブラゼミだけで、クマゼミとかツクツクホーシとかは全然大丈夫。全てはあの漫画のせいだね。トラウマ全開です。
いつも思うんだけど、ウチは毎年大量に幼虫が地中から出てきているんだけど、さらにその地中には約7年分の幼虫のストックがあるんだよね。どんだけの密度なんだろう。

≫トシさん
ありがとうございます。本当に身の引き締まる思いです。
それはそうと、改めて「ドМ」と言われると何故だか新鮮です。Mですかねぇ…。Mかもしれません。S要素も多少ありと自分では思っていますが。SもMも紙一重、要は両極への振れ幅の大きさが人によって違うだけだと思っています。あれ?何でこんな話に?

≫夢導
ウデムシ…。むむむ、ワタシも勇気を出して行って見てきたよ。スゴイ!強烈過ぎる!あまりのインパクトの強さにしばらく笑いが止まらなかったよ。初対面がモニター越しでホントに良かった。
きっと昆虫に詳しい人たちによるアンケートなんでしょうね。世界は広いなぁ。

≫にしたさん
ヒッチコックの「鳥」、ワタシもあれを見た後から、電線のカラス(なぜか限定)に異様に怯えるようになりました。以前、飛んできたカラスにアタマをひっぱたかれた時は心臓が止まるかと思いました。
昔、「楢山節考」を見た時、大きな蛾の交尾のシーンを見てしばらく気持ちが悪かったのを覚えています。
子供の頃に見たものって、本当に鮮烈に覚えているものですよね。
ワタシも子供の前では大騒ぎできません。だからワタシがこんなに嫌っているとは知らないと思います…。

≫izumix
そうそう、無駄な物って必要よね。
内面にストックされたものがないと、役に立てようがないもんね。

あぁ…、あのお腹は空洞なのね…。
カミカミのイメージが、より一層リアルなものになった気がするよ…。
【2008/08/08 17:32
WEBLINK [ ] NAME [ みのり #57551d361d ] EDIT
ピチピチの高校生の時、
駅までの道のりを自転車でダッシュしていると、
セミが、私の胸(シャツの中!)めがけて突進してきて
シャツの中に入っちゃったことがあります。
暑くて、ネクタイせずに2つ目のボタンまで開けていた私が悪いけど、
にしても、シャツの中って!
ミノリさんがこんな話聞いたら、鳥肌立っちゃいますね。
スミマセン・・・
【2008/08/09 00:04
WEBLINK [ ] NAME [ 子豚★ #2ab0983ca3 ] EDIT
鳥肌どころじゃないですよ。
めまいと動悸がしてしまったよ。

ワタシにそんな事がおきたら2~3日寝込むね。
セミ入ってきたら、パニック起こしてシャツ脱いじゃうかも。触るの嫌だし。
他にも、セミに関するショッキングエピソードがあるんだけど、ショッキングなのはワタシにとってだけなんだろうなーと思って書くのをやめました。
【2008/08/10 10:00
WEBLINK [ ] NAME [ みのり #57551d361d ] EDIT
僕は小学生時のエレファントマンを見て以来、家の本棚にあったその映画の文庫本が怖くて怖くてうなされながら寝ていました。表紙にばっちり主人公の姿が描かれていて、その本棚はちょうど枕もとにそびえ立っていたのです。

今思うとなんでその本を違う場所に移動させなかったのかわかりません・・・
【2008/08/13 23:31
WEBLINK [ ] NAME [ じゅん #2a9f6dc0e8 ] EDIT
2度目のレスになりまして失礼します。
あまりにタイムリーだったので報告させてください。

昨日、仕事帰りに暗闇の中自転車を漕いでいたら、いきなり胸のあたりに「ドン!」という衝撃が。
「え、何?何!撃たれた?」と思ったら傍らで
例の「ジジッ!!ジジジッ!!」という音が。

どうやら、また奴との接触事故をやってしまったようです。
まさか奴はこの記事を読んでいたのでは、、、。
【2008/08/14 00:20
WEBLINK [ ] NAME [ 夢導 #990c50abc0 ] EDIT
≫じゅん
いたよいたいた!ワタシよりもドMなひとが。
なぜその本を移動させなかったか?その恐怖を己への試練と捉えていたに違いない。移動するなんていう選択肢は無かったのだよ。と、勝手に分析させていただきました。

エレファントマン、アレは一大センセーションだったよね。その昔。

≫夢導
何度でもおいでませ。
セミを撃つ真夜中のヒットマン…想像するだけで胃液が上がってきそう。
ワタシは、やはり夜に右頬に激突されたことがあるよ。あのぶつかったときの衝撃は、本当に何事かと思うよね。暗いと姿が見えないから。
奴らは絶対に人の思惑を察知しているんだと思う。こちらが(あ、セミだ!)と思った瞬間に飛び掛ってくるからね。
…被害妄想でしょうか?
【2008/08/18 23:10
WEBLINK [ ] NAME [ みのり #57551d361d ] EDIT
随分コメントをしていませんでした...
いつも読んではいるのですが...(^_^;;

セミって夏の「音」としては欠かせないんですが、実物はやはり突発的に動くのでやっかいですね。

以前、夜中、家の中にセミが入り込んできたのですが、捕まえて外に出すのに一苦労でしたよ...。
【2008/08/30 15:17
WEBLINK [ ] NAME [ じめ #9379876220 ] EDIT
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]